2012年から展開を行なっている「ARMEN」の春夏の定番素材、


”LINEN PLAINシリーズ”

​​​​​​​

のご紹介です。

”信頼のアイリッシュリネン”


アイリッシュリネンの歴史は古く、1500年代の宗教革命の頃、

リネン生産に携わる職人たちの多くがアイルランドに移り住んだことがきっかけとなり、
アイルランドにリネン産業が根付いたことで、アイリッシュリネンが誕生しました。


アイリッシュリネンはアイルランドで生産された平織りのリネン生地の総称です。



アイリッシュリネンは吸水性・速乾性・耐久性に優れており、繊維がとても細いのが特徴です。

その為、光沢感が強く、天然繊維の中でも特に滑らかさと肌触りの良さが特徴となっています。



その素材感の良さから、

アイリッシュリネンは古くからベットのシーツやタオル・ハンカチなど、

素肌に触れるアイテムによく使われていました。

​​​​​​​


リネン産業の盛んな本国では、リネン生地の協会があり、

アイリッシュリネンとして正式に名乗ることが認めらているファクリーは限られており、

現在は世界で10社にも満たない程。

”100年以上にわたりリネン生地を作り続ける、老舗生地メーカーの生地”


ARMENのLINEN PLAINシリーズで使用する素材は、

アイルランドで100年以上歴史ある、リネン素材に特化したファブリックメーカーで生産された、

正真正銘のアイリッシュリネンを使用しています。



老舗ファクトリーで作られる生地は、アイルランドの伝統技法を用いて作られます。


特に生地の仕上げに強いこだわりを持っており、

すべての生地の仕上げを北アイルランドのファクトリー行うことでクオリティを保ち、

とても柔らかく上品な生地となっています。


”「made in France」に拘ったモノづくり”



AMRNEのLINEN PLAINシリーズは、全てフランスで作られます。


フランス西部の大西洋に面した田舎町、

そんな自然豊かな地域にファクトリーはあります。



製品を生産するファクトリーは40年以上のキャリアを持ち、

元々はファッションアイテムではなく、

作業着としてワークウェアを中心に生産を行なってた本物のファクトリー。



年々、フランスの縫製工場が減って行く中で、

今なおフランス製にこだわっを続けています。


そんな工場の生産を行う職人の技術は高さが認められ、

現在はラグジュアリーブランドや世界的に有名なメゾンブランド、

フランス軍からの依頼を受ける程、高いクオリティを持っています。

”製品染めならではのヴィンテージ感のある色味”


フランスで作られた製品は、国内に入荷後、

70年以上染色加工を続ける染工場で熟練の職人達によって

製品染め加工を行なっています。



製品染めは色を作る所からはじまります。



生地によって同じ染料でも同じ色にならないのが製品染の大きな特徴です。

希望の色になるよう、何度もテスト繰り返し、

希望の色になるような染料のバランスを作っていきます。



染色工場の中には、自社で染料の配合を行なっていない工場も多々ありますが、

こちらの工場では希望の色になるように染料の配合を作る所から、実際に製品を染める作業まで、

すべての工程を自社で行なう事で高いクオリティの製品に仕上げています。

製品染めで仕上げられたアイテムは生地染めや糸染めといった「先染め」には出せない、

ニュアンスのある色ムラや色合いが独特の風合いが魅力となっています。


 同じ色の製品でも、1つ1つ風合いが微量に異なる「一点もの」


ARMENのワークラインには欠かせない製品加工となっています。

製品染めで仕上げられたアイテムは、

程よく生地が柔らかく馴染み、

洗いざらしのようなシワ感のある独特な風合いに仕上がります。​​​​​​​


下の写真の左側が加工後、右側が加工を施す前の状態です。

加工を施された”ふんわり”とした生地感は見た目にも違いが分かるほど◎


”シーズン毎に変わる色展開”



毎シーズン企画担当が何百種類ある色の中から、今のファッションの流れとの相性を意識しつつ、

トレンドに流されずARMENらしい色や定番的な色を選んでいます。


​​​​​​​今シーズンは全部で6色展開。



col.3800​​​​​​​ (DK.SLATE)


col.3920 (MIDNIGHT)


col.8610 (SADDLE BROWN)


col.9190 (MILKY GREY)


col.9470 (MILITARY GREY)

​​​​​​​

col.9900 (BLACK)

今シーズンの”LINEN PLAIN”シリーズは、新しいデザインを1つ加え、

全部で6つのデザインで展開しています。


”LINEN PLAIN”シリーズを代表する、定番デザイン”


=NAM1463LP=

〜BOAT NECK 3/5SL SHIRT〜


2014年からデザインを変えず、

毎シーズン展開を続ける定番のボートネックのスモックです。


ヨーロッパのヴィンテージ古着などでは、

定番のアイテムになっているプルオーバーのスモック。



ヨーロッパでは1700年代前半から農業を営む方達に

作業着として着られていたスモックは、トレンドに流されず着用いただけるアイテムです。



ヴィンテージのスモックでよく見られるのは、

モックネックやスキッパータイプなど。。



特徴的な襟やポケット付いたものが多いですが、

余計なディテールは一切ないシンプルなデザインに

AREMNらしさを感じさせてくれます。



近年ではオーバーサイズが主流になりましたが、

本来スモックの役割として、厚手のニットやシャツなどの上から

作業時に上から羽織れるように大きめに作られたデザインのスモック。


​​​​​​​

ARMENのゆったりとしたデザインはトレンドを意識したのではなく、

ヴィンテージウェアからきているところも、長く愛用できるアーメンらしさになっています。

コーディネートページはこちらをクリック”

=NAM1631LP=

〜BOAT NECK S/SL SHIRT​​​​​​​〜


NAM1463LPの長袖タイプになります。

こちらもワークウェアらしい、カジュアルなボートネックにシンプルなデザインのスモックタイプ。


今年で5年目を迎えるリネンプレーンシリーズの中でも、

定番となってきているデザインです。


コーディネートページはこちらをクリック”

コーディネートページはこちらをクリック”

=NAM1731LP=

〜WRAP CULOTTES〜


少し太めのイージーパンツにエプロン(前掛け)がついた特徴的なデザインが魅力のキュロット。


ラップ部分は縫い付けられており、正面から見るとスカート、

バックスタイルはパンツに見えます。


スカートが好きな方はもっと楽に履けて、

スカートが苦手な方にも安心して履いていただけます。

コーディネートページはこちらをクリック”

コーディネートページはこちらをクリック”

コーディネートページはこちらをクリック”

=NAM1632LP=

〜BOAT NECK S/SL ONE-PIECE〜



生地を贅沢に使ったゆったりとしたフィッティングで

リラックス感のあるワンピース。



ウエストギャザーは分量を抑え、

広がり過ぎない緩やかなAラインシルエット。

着丈が長めなので、シンプルですがとても雰囲気があります。



ゆったりとしたサイズ感はストン着れてとっても楽チン!

コーディネートにも迷わず、大活躍間違いなしのアイテムです。



また、薄手なリネン100%の生地は、

ボリュームがあってもベタつかず通気性も高く快適!!


日本の夏にピッタリの一着となっています◎

コーディネートページはこちらをクリック”

=NAM2121LP=

〜BOAT NECK 3/5SL TUNIC WITH POCKET〜



特徴的な3つの並んだポケットが特徴的なボートネックのチュニック。


こちらもスモックをベースにしたデザインとなっています。

身頃に付けられたポケットは、当時の芸術家の方達が着ていたスモックでよく見られた

筆などをしまうツールポケットを模したようなデザインを取り入れています。



プルオーバースモック同様のゆったりとしたシルエット。​​​​​​​


3/5 SLEEVEとなっていますが、

ドロップショルダーなので、長袖に近い袖丈。


デザイン性も高く、

1枚プラスするだけでコーディネートの主役になる一着となっています。

コーディネートページはこちらをクリック”

コーディネートページはこちらをクリック”

コーディネートページはこちらをクリック”

=NAM2122LP=

”BOAT NECK L/SL ONE-PIECE”



今シーズン新たに仲間入りしたNAM1632LPをベースにした長袖ワンピース。


ゆったりとした身頃に少し広めの肩幅、

ストンとしたシルエットは変わらず、少し着丈を短くしているので、

半袖ワンピースと比べると少しカジュアルな印象となっています。



腕を出すのが苦手な方や日焼け対策としてもオススメ◎


リネン素材なので、蒸れにくく、

長袖でも夏を快適に過ごしていただけます。

コーディネートページはこちらをクリック”

コーディネートページはこちらをクリック”

コーディネートページはこちらをクリック”