2016.07.29|CATEGORY:Products

雑誌掲載のお知らせ リンネル 9月号 No.70

リンネル9月号2016

リンネル  9月号 NO.70  (2016.7.20発売)にて弊社商品、ショップが紹介されました。

P29

NPS BRITISH SHOEMAKERS NBSM1601W  / ビューカリック&フロリック

P30

maison de soil NMDS16124 / メゾンドソイル恵比寿店

P36

ARMEN NAMP1601 / ビューカリック&フロリック

maison de soil ENMDS1401 / メゾンドソイル恵比寿店

P76

SOIL NSL16062 / ビューカリック&フロリック

P77

SOIL NSL16055 / ビューカリック&フロリック

P124

ARMEN NAM1203LH / ビューカリック&フロリック

 

TOP
2013.05.31|CATEGORY:Products

EXPERT

今日は梅雨の中休み?

梅雨入り早々全国的にいいお天気みたいですね。

 

そろそろサンダルの季節です。

 

今日はすっかり定番になっているサボサンダル

EXPERTのご紹介です。

 

 

 

スウェーデン南部の田舎町、家族経営の工場でサボを作り続けている家族がいます。

 

 

ちょっと見た目は怖い?ですが…

一緒にもの作りをするようになって8年、訪問の際にはいつも温かく歓迎してくれます。

 

 

今シーズンの新作は3型です。

 

NEP1301     ¥11,550

定番のCLOGSタイプのつま先を明けるだけて、ぐっと女性らしさがUPします。

 

 

 

 

NEP1302      ¥12,390

太い幅のストラップが今年っぽい一足。意外と何にでも合わせ易く、使い勝手のいい一足です。

 

 

 

NEP1311L     ¥11,550

通常よりヒールが低いタイプのソールを使用しています。

このソール、実は一緒に開発した特別なソールなんです。

 

 

 

梅雨の合間のこんな日に、夏先取りはいかがでしょうか?

TOP
2013.05.11|CATEGORY:Products

M.B.L.

今日はM.B.L.をご紹介したいと思います。

先週ご紹介したMarie Christine GRAMMATICOと同じ工場、

Le minor(ルミノア/ルミノール)で生産しているもう1つのブランドで、

当社のみのお取り扱いとなっています。

 

一時期は途絶えていたのですが、2006年にフランス海軍への納入を再開したLe Minor。

このM.B.L.は海軍仕様の素材やデザインを元に再構築。

洗いや染め等の加工をほどこして、着古した雰囲気やアース系のカラー展開等、

通常のバスクシャツとはひと味違ったを提案を行なっているブランドです。

 

そしてこのブランド。実はラベルにも下げ札にもM.B.L.と書かれていないんです。

そんな知る人ぞ知るブランドM.B.L.。

このラベルを目印に是非店頭でチェックして頂けたらと思います。

 

 

NBL0911HD        ¥13,440

一度、加工でボーダー部分の色を落としてから製品染めをしています。

 

 

 

NBL1211HD        ¥13,440

微妙なイエローの色合いがキレイです。

 

 

 

NBL1012SW        ¥15,540

こちらはボーダーの色を落としただけの中古加工タイプ。

数年間着込んだような雰囲気です。

 

 

NBL1101HD       ¥8,715

薄手の柔らかいコットンなので、三角ストールも使い易く便利です。

 

 

 

TOP
2013.05.02|CATEGORY:Products

Marie Christine GRAMMATICO

フランスの北西部、ブルターニュ地方にあるマリンウェアを製造するメーカーとして有名な

Le minor (ルミノア/ルミノール)。

 

そのLe minorスペシャルラインとして、同社の社長 Marie Christine Grammaticoの名前を冠し、

ナルミトレーディングの為だけのブランドとして展開しているのが、

Marie Christine GRAMMATICO(マリー・クリスティーヌ・グラマティコ)なんです。

 

そのLe minorは1936年に創業。

他社が価格を下げる為に、他国での生産にシフトしている状況の中でも、

創業当時から続く品質管理にこだわり、

反物を織るところから一貫して自社の工場で生産を行なっています。

お揃いのワークウェアがカッコイイですね。

 

 

そしてLe minorで有名なのはやはり、バスクシャツですね。

そのルーツはスペインのバスク地方の船乗り達が愛用していたシャツから来ているとのこと。

ネックのデザインに特徴があり、首元が横に大きく開いている仕様が船底の形に似ていることから

「ボートネック」とも呼ばれています。

 

その後、フランス海軍がこのバスクシャツをモチーフに、ボーダー柄の制服を採用したことで、

今のボーダー柄のバスクシャツの元となったと言われています。

Le minorは現在でもフランス海軍に制服を納入している数少ないメーカーの1つです。

海軍用のリブニットを縫製しているところです。

 

そして当社だけの別注ブランド、Marie Christine GRAMMATICO。

この春は2つの素材で展開しています。

 

1つは 100% コットンのリブ素材

細い糸でしっかりと編まれているので

リブ編みのものによくあるテロテロ感は皆無です。

柔らかくて伸縮性があるのにしっかり肉厚。

着心地抜群です。

 

もう1つは

リネン/レーヨン x コットンのボーダーです。

写真のベージュっぽい部分がリネン/レーヨン素材

白い部分がコットン100%になっています。

違う素材をボーダーに仕上げることで、とてもいい表情の生地になっています。

高い技術力の証しでもあります。

 

デザインは当社のhome pageで紹介していますので、是非チェック頂ければと思います。

http://www.narumi-tr.co.jp/

 

TOP
2013.04.21|CATEGORY:Products

O’NEIL OF DUBLIN

今日は2月並みの気温となってしまいました。

北の方では雪が積もっているところもあるようです。

明日からはまた少し暖かくなるようですが、急な気温の変化が続きます。

体調管理にはくれぐれもお気をつけ下さいね。

 

今日はO’NEIL OF DUBLINのキルトスカートをご紹介します。

元々はスコットランドの男性の伝統的な衣装「キルト」がその原型です。

「キルト」は大きなタータンの布をベルトや紐、ピン等を使って腰に巻いていたものだそうです。

ちなみに「キルト」は英語名、当時使われていた言語のゲール語ではフェーリア・モールと呼ばれ、

その歴史は16世紀に遡るそうです。

 

私達がキルトスカートと呼んでいる現在の形になったのは18世紀頃。

これらはフェーリア・ベックと呼ばれます。

 

当社ではO’NEIL OF DUBLINに別注。

レディース用に作られたフォーリア・ベックにメンズ用の太いベルトを付け、

通常、前面にはプリーツが無いところを、プリーツ仕様に変更しています。

NOD0901     ¥29,925

 

 

 

NOD1201     ¥28,350

 

 

また、今シーズンは生地別注でリネンヘリンボーン素材をご用意しています。

カラーはブルーとチャコールの2色。

この素材感を是非手に取って確かめて頂きたいです!

 

 

NOD0901     ¥29,925

 

 

NOD1201     ¥28,350

 

 

そして、今シーズンはさらにスペシャルなプリーツ幅を細くしたタイプもご用意しました!

このボリューム感と雰囲気は必見です!

 

NOD1301     ¥39,900

 

 

NOD1302    ¥36,750

 

キルトスカートと言えば、タータンを使ったウール素材のイメージが強いですが、

アイリッシュリネンを使った春夏仕様もお勧めです!

 

 

 

 

TOP
2013.04.15|CATEGORY:Products

Vas-y Lentement

2010年の秋にスタートした

“Vas-y Lentement” (ヴァジー・ラントモン)。

フランス語で、「気楽にいこうよ」という意味のこのブランド、

ユニセックスなサイズ展開で年齢に関係なく、

片意地をはらずリラックスして着る事ができる服をコンセプトに

素材感と着心地を重視した物作りをしています。

 

 

ORGANIC POPLINの生地を使った定番のテーラードジャケット

NVL1301     ¥19,950

 

 

 

こちらもORGANIC POPLINを使用したシャツジャケット

NVL 1201    ¥14,700

 

 

 

 

 

ストライプ柄のリネン100%素材

ワークテイストのフラップポケット付きシャツ

NVL1321     ¥18,900

 

 

 

こちらも同じリネンストライプのバンドカラーシャツ

NVL1322    ¥18,900

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOP
2013.04.07|CATEGORY:Products

Bennetts Lane Shirts

台風のような嵐。

私が子供の頃は台風でもないのにこんなに大荒れの天気になることは無かったような…

寒い冬、暑い夏、豪雨、竜巻…

すべてが極端になっているような気がしますね。

 

と、そうこう言っているうちに季節は巡ってもう春。

春と言えばやっぱりシャツ!

 

今年もBennetts Lane Shirtsの季節です。

 

 

今シーズンはリネンのカラーバリエーションが充実。

 

白はもちろん、きれいなブルーと2種類のストライプ。

どれもオススメです。

 

 

今シーズンはプルオーバータイプが新登場。

NBLS1301L   –    ¥18,690

 

 

バンドカラーは今シーズン要チェックです。

NBLS1002L   –   ¥18,690

 

 

Bennetts Lane Shirts -

北アイルランドのデリーにあり、社員全員で50人という少数精鋭を貫くシャツメーカーに弊社が別注しました。

完成までの行程はすべて手作業で、15人もの職人の手が加えられます。

丁寧な縫製や、きれいな柄合わせがその技術の高さを物語ります。

ブランド名の“Bennetts Lane Shirts”は19世紀初め、リネン製のシャツを世界で初めてこの世に送り出し、

機械化が進んでいたシャツ業界の中で最後までハンドメイドにこだわり続けたシャツメーカー、

”William Scott & son”の工場があった通りの名前“Bennetts Lane”に由来しています。

 

 

 

 

 

TOP
2013.03.31|CATEGORY:Products

EASY KNIT

今日は冬に逆戻りしたような1日でしたね。

明日からはまた少し暖かくなりそうです。

早くポカポカ陽気になって欲しいものですね。

 

こんな季節、春の定番EASY KNITが活躍しそうです。

 

 

カナダの東部、トロント。

町の中心部にスケートリンク。さすがウィンタースポーツが盛んな町です。

巨大なショッピングモールに鳥!(もちろん模型です。)

 

 

カナダの金融の中心地として知られる町。大きなビルが建ち並びます。

 

そんなTRONTOの郊外にあるファクトリー EASY KNIT。

都会の喧噪から離れた郊外でイタリアから移住したルイージ夫妻が営む小さなニットメーカーです。

カナダ製にこだわり、バンクーバーオリンピックの際にはカナダ代表選手が着るニットの制作も手掛けたとの事。

そのニットを着た開会式での選手の写真が工場の壁に飾ってあり、ルイージさんが嬉しそうに話してくれました。

 

定番のスクールカーディガン

S, M, Lの3サイズユニセックス展開です。

NEK1001CA   – ¥12,600

 

 

 

こちらはショート丈。

本来はキッズ用ですが、日本ではショート丈カーディガンとして使えちゃいます。

NEK1002CA  -    ¥11,550

 

 

 

新登場のアーガイル柄

NEK1301CA   – ¥13,650

 

 

 

こちらはショート丈タイプ。

NEK1302CA   –  ¥12,600

 

 

ボーダーもオススメです。

NEK1311B    -  ¥13,650

 

 

 

こちらはボーダーのショート丈

NEK1312B  -  ¥12,600

 

コットン/アクリル素材で、お値段もリーズナブル。

ヘビーローテーション間違いなしです。

 

 

 

 

 

TOP
2013.03.21|CATEGORY:Products

miusa -chambray & black linen-

まさに三寒四温な今日この頃ですね。少し気温差が極端ですが…

東京はさくらも開花し、一気に春へ突入です。

 

miusaのchambray シリーズが今年も入荷しています。

(お取扱い店等のお問い合わせはこちらから)

 

今までずっとカナダ製だったブルーシャンブレーは

今期から一部がアメリカ製になりました。

 

シャンブレーの素材もカナダ製と少し違います。

 

長袖シャツ

NMST1331    ¥13,440

 

 

 

長袖シャツワンピース

NMST1332    ¥17,640

 

 

また、カナダ製では久々の復活となる黒リネン素材が新鮮です。

定番7分袖シャツ

NMSU0921LP    ¥13,440

 

 

 

定番 7分袖 シャツワンピース

NMSU0922LP    ¥17,640

 

 

 

半袖バンドカラーシャツワンピース

NMSU1021LP   ¥17,640

 

 

 

 

クロップドパンツ

両サイドに大きめのポケットが付いています。

NMSU0913LP      ¥14,490

 

 

 

 

ラップスカート

両サイドにミリタリーパンツ仕様のポケットが付いています。

NMSU0913LP      ¥14,490

 

 

※miusa (ミウサ)

ワーク、ミリタリーをベースにCONFORTABLE でAUTHENTICな商品を提案しています。

冬は60/40クロスを使ったダウン。

オールシーズンでシャンブレー、リップストップのシャツやボトムス、

また、コットンリブやバンブーレーヨンを使ったカットソー等を展開しています。

 

 

 

 

 

TOP
2013.02.23|CATEGORY:Products

maison de soil – INDIGO FLOWER BLOCK PRINT

いよいよ来週、パリの展示会”TRANOI” に当社ブランドmaison de soil を出展します。

 

そのmaison de soilの春夏物が徐々に店頭に並びはじめました。

 

今日はその中からINDIGO FLOWER PRINTシリーズをご紹介です。

 

NMDS1301   GATHERED  CACHE-COUER    ¥21,000

 

 

NMDS1302    GATHERED CACHE-COUER ONE-PIECE   ¥27,300

 

 

NMDS1303   GATHERED CACHE-COUER NO/SL ONE-PIECE   ¥24,150

 

 

NMDS1304    BOX PLEATED V-NECK LONG-SLEEVE SHIRT   ¥24,150

 

 

NMDS1305   BOX PLEATED SHORT-SLEEVE ONE-PIECE   ¥28,350

 

 

NMDS1306   RAJASTHAN GATHERED CULOTTES    ¥27,300

 

NMDS1307    SCARF  60x60cm     ¥4,200

 

 

NMDS1308    STOLE  110x200cm     ¥10,500

 

このシリーズも木版を手押ししてプリントするBLOCK PRINTや

染釜の染料に1枚1枚、浸して手染めする天然インディゴ染め等、

そのほとんどの行程が手作業です。

 

特にこのシリーズはあえて濃く染めていないので、天然インディゴ特有の碧色がとてもきれいです。

(手染めなので多少のムラは味としてご了承下さい)

是非実際に手にとって頂ければと思います。

 

maison de soil   ウェブサイト

http://maisondesoil.com/

 

 

 

 

 

TOP
NEXT