2012.03.27|CATEGORY:Products

EXPERT – Sweden -

スウェーデン南部の田舎町にある小さな工場でEXPERTは作られています。

こんなすてきな夫婦がハンドメイドで作ってくれているんです。

木靴って歩きにくいんじゃないの?と思われがちですが、ビックリする程履きやすいんです!

まだ寒い日が続いていますが、日差しの暖かさはすっかり春。

早く暖かくなってサンダルで出かけたいですね!

今シーズンは新たにメッシュのアッパーを使用したタイプが出来上がりました。

このメッシュも1つ1つ手で編んでいるんです。

NEP1201    ¥12,390

 

NEP1202    ¥13,440

 

NEP1203    ¥13,440

 

NEP1211L   ¥12,390

最後のこちらのサボは特別にソールの木型から新たに作ってもらった

ヒールの低いタイプ。こちらもとても履きやすいんです。

 

 

 

TOP
2012.03.09|CATEGORY:News

NORO – Paris –

TRANOI展最終日の翌日、帰国便が夜出発のためフライトまでの時間でPARISの町へ!

maison de soilをオーダーしてくれたお店を視察に行きました。

今回はサンジェルマン地区、世界最初の百貨店といわれるLe Bon Marché (ボン・マルシェ)がある地下鉄Sèvres – Babylone(セーヴル – バビロヌ)駅。その近くにあるNOROへ

子供服ブランドNOROの直営店でお店の半分をレディースのセレクトで展開しています。

maison de soilの春物が並んでいるところを見られるかな、と楽しみにしていたのですが、

発送した商品がちょうど当日の午後に到着するとのことでした。

パリの店頭に並んでいるところを見るのはしばらくお預け。

うーん残念〜

でも雰囲気のいいお店に買ってもらえて良かったと幸せな気持ちになれた視察となりました。

TOP
2012.03.09|CATEGORY:News

TRANOI March 2012

今回で2度目、パリで開催されるTRANOI展への出展です。

前回9月の春夏展示会からの参加なので秋冬物は初めてのお披露目となりました。

どんな反応が返ってくるのか?前回オーダーしてくれたお客様はまた来てオーダーしてくれるのか?

まずは会場設営の為に現地入り。

展示前はこんな状態です。

この殺風景な展示ブースがどう変化するのか?

みんなで手分けしてセッティング。1日掛かりで作業終了。

そして翌朝いよいよ展示会スタート。

場所はCARROUSEL DE LOUVRE

あのルーブル美術館に隣接したイベント会場です。

エントランスを通り…

我らがmaison de soilのブースへ!

すごくいい感じに仕上がりました!!

お知り合いに紹介していただいた花屋さんが桃の花を調達してくれました。

日本らしさをアピールするには最高の演出です!

キレイに満開です。

今回新たに調達した棚も大活躍!

初日の午前中、いきなりイタリアからの新規のお客様からオーダーを頂き、幸先よくスタート!

 

今回からイタリア製のフェルト帽とニット帽もラインナップに加わります。

ドイツのお店のバイヤーさん、前回も来ていただきました。

イタリアのお店のバイヤーさん。ご夫婦で。

今回は新たに、オーストラリアとロシアからオーダーが入り、

昨年に引き続きフランス、イタリア、ニューヨーク、ベルギーでの展開が決まりました。

世界に認められるブランドへ… まだ始ったばかりです。

そしてもちろん日本でも愛されるブランドへ。まだ季節はこれから春ですが、秋冬の展開も是非楽しみにしていて下さい。

 

TOP