2011.11.30|CATEGORY:Products

ARMEN DOWN

いよいよ冬到来ですね。

東京の木々もようやく色付いてきました。

今年は暖かい日が続いていましたが、一気に冬の寒さになってきましたね。

年明け以降は寒くなるとの予報も….

寒い冬にはやはりダウンがオススメです。

表はチェック柄のウール素材、裏はコーデュロイでリバーシブルで着れちゃいます。

ARMEN   NAM1158WC    ¥45,150

カジュアルにGoodwearのパーカとの重ね着などいかがでしょう?

Goodwear   NGW1101   ¥13,440

 

そして真冬にはやはりダウンコートですよね。

イタリアの生地を使用したフランス製のARMEN ダウンコート。

ARMEN  NAM0857    ¥66,150

フードは取り外すことができます。

ARMEN ウェブサイトはこちら

http://www.armen.jp/

 

 

 

 

TOP
2011.11.25|CATEGORY:Products

O’NIEL OF DUBLIN & LIBERTY

すっかり日本ではお馴染みになっているキルトスカート。

もともとはスコットランド、ハイランド高地地方の男性が身につけていた腰巻きが原型です。

こんな感じ。

腰巻きが次第に変化、キルトスカートとなり、女性のファッションとしても定着するようになりました。

そんなキルトスカートの老舗として知られるO’NEIL OF DUBLIN.

今年、設立50周年を迎えるにあたり、花柄で有名な英国のリバティ社とコラボしたペイズリー柄の生地を提案してくれました。

O’NEIL OF DUBLIN      NOD1151       ¥57,570

普通のキルトスカートは前面にプリーツが入っていないのですが、弊社の別注でプリーツを入れてもらっています。

プリーツが入ることで前面にも生地の動きが出て、雰囲気が柔らかくなります。

(写真のスカートは洗いをかけてわざとプリーツを落とすことでギャザースカートのような雰囲気に仕上げています)

O’NEIL OF DUBLIN      NOD1152    ¥36,750

贅沢な70 x 200 cmサイズの大判ストール。

定番のタータンチェックとはひと味違う老舗の遊び心。

かっこいいです。

TOP
2011.11.17|CATEGORY:Products

ARMEN COTTON QUILT BORDER

ARMENのコットンキルトの中でもかなりレアなボーダー柄が今回ARMEN ONLINE STOREで復活しています。

定番フード付ジャケットにボーダー柄という最強の組み合わせ!

コットンキルトのジャケットを初めて世に送り出して早10年。

ここ数年、いろんなメーカーさんが同じようなコットンキルトのジャケットを販売されているようです。

コットンキルトのルーツがARMENだというのをもっと多くの方に知って頂きたい!

10年目を目前にして、その思いが強くなってくる今日この頃です。

 

ARMEN NAM0555S    COTTON QUILT BORDER HOODED JACKET   ¥29,400

https://www.armen.jp/html/collection/detail.php?product_id=71

 

 

 

TOP
2011.11.05|CATEGORY:Products

Modele Particulier ARMEN

ARMENのアッパーラインとしてスタートしたModele Particulier ARMEN。

フランス語で発音が難しいということもあり、みなさんにはM.P. ARMENとか、ARMENホワイトラベル(ブランドラベルが白いので…)と呼んで頂いています。

今秋冬はトレンチタイプのショートとロングを展開。

コットン素材は玉虫調の光沢がきれいなイタリア製のギャバジンコットンで縫製したあと、あえてハードに洗いを掛けています。打ち込みのいいしっかりしたギャバジンコットンが柔らかくなり、また光沢も押さえられ、コーディネートの幅がぐっと広がります。

NMPA1151   ¥51,450

NMPA1152   ¥40,950

ウール素材は千鳥格子のツイードを使用。縫製したあと製品染めをすることで生地がフェルト風に少し目が詰まり、柄のトーンも抑え気味に。初めて袖を通すのに何年も着ているかのように体に馴染んでくれます。

NMPA1151WC   ¥57,750

NMPA1152WC    ¥47,250

取り扱い店舗なのどのお問い合わせは下記からお問い合わせください。

http://www.narumi-tr.co.jp/contact/

 

TOP